【保険一括見積り体験】申し込みの流れFPとの面談、提案と契約まで

この記事は約5分で読めます。

我が家は主人と私、中学生の息子の3人暮らしです。
私自身が未婚時代から掛け捨ての入院保険、個人積立年金に加入していました。
結婚を機に主人には同じ保険会社の入院保険、がん保険(ともに掛け捨て)に加入してもらいました。

保険の見直しはしないまま息子が中学生になり、主人もアラフィフになり将来の生活設計が独身時代や結婚当時とは一変しています。

保険会社自体も経営統合などで社名が変わったり変化しました。
そんな中15年以上前に加入した保険で補償内容は今の時代にマッチしているのか?
そもそも主人が亡くなった時に必要な生命保険に加入していない!
夫婦二人とも加入している保険の見直しを検討しました。

ネットで調べると保険見直しを実行するの40代・50代の既婚男性で子供ありの人が一番多いそうです。

今まで加入していた保険会社の担当者も何人も変わり、今の担当者の名前すら知らない。
そんな保険会社に義理立てする必要はないと思いながら、どこの保険会社がいいのか?保険に加入したら相談しやすい担当者との相性もある程度必要。


悩んでいたもののネットで調べると保険一括見積会社が存在することを知りました。
でも保険会社員って見積もりを頼むとそのあとも契約するまでしつこいイメージがあるませんか?
一括見積り依頼はネットで簡単にできるけれど、そのあとしつこくされないか心配でした。

「しつこい勧誘」と「将来への不安」を天秤にかけ1年以上悩みました。
結局、子供がまだ中学生なので「将来への不安」の気持ちが勝ったのでネットで保険一括見積をお願いしました。

この記事では
実際に保険見直しをした感想
契約したFPの提案
契約しなかったFPの提案

について解説します。
保険の見直しを考えている方の参考にしていただければ幸いです。

[PR]
銀座カラー【来店】Lacoco(ラココ)全身脱毛サロンBe・Escort(ビー・エスコート)キレイモ

ネット検索から絞った保険見直し2社の理由

申し込んだのは2社です

保険ガーデンを選んだ理由

  
 プロのプランナーに相談できる >>  ほけんガーデン 

HPが見やすい

HPに「厳選されたプロのプランナーを紹介」の言葉に安心感を覚えました。

やはり知らない人に家計のことや将来不安に思っていることを相談するのに不安がありました。

でも「プロのプランナー」なら相談しても的確な回答が得られるような気がしてこちらにお願いしました。

保険コネクト を選んだ理由

  
 大人女子の老後特集の雑誌で紹介された >> 保険コネクト 


HPはイラストを使っていて保険相談しているイメージが湧きやすかったです。
またトップページに「無料相談の申込」 → 「日程や場所の相談」 → 「面談で相談」 → 「FPからの提案」 → 「(契約を希望される場合のみ)契約」

流れも詳しく書いてあり、契約を無理に促す感じじゃないところが安心ポイントでした。

ネット検索数すると他にもいくつか候補はあったのですが、やはりHPの見やすさや相談依頼ページへの誘導がわかりやすかった2社にしました。
HPをスクロールしても「依頼申し込みはどこでするのかしら?」と探してしまうHPもあったり、説明文章が長いのも途中で読むのをやめてしまったりしました。

申し込み後の流れ(面談前)

どちらもネット申し込みフォームの入力後、登録したメールアドレスに「受付しました」のメールが届き次の連絡を待ちます。

私が住んでいるのが都市部から離れているせいか紹介してもらったFPは2社合わせて3名でした。
3名とも県内ですが市外の方でした。

担当者が決まるとメールで「FPの○○さんからメールもしくは電話で連絡が入るので面談等の打ち合わせは直接お願いします」と連絡があり、そのメールの当日から3日以内に担当者から連絡がありました。

既に名前は知っていたので不審なこともなくスムーズに話ができます。
ネット申し込みの時に希望する内容は簡単に入力済(新規加入または今の保険の見直しなど)ですが、初めの電話で詳しく希望を聞かれます。
私と主人の今入っている保険の補償内容の見直しを依頼しましたが、主人の保険については主人が面談しないといけないそうなのでとりあえず面談は私一人で受けて主人の分は提案署だけお願いしました。

面談は自宅に来てもらうか自宅近くのファミレス・喫茶店などわかりやすい場所で行います。
いきなり自宅に来られるのが嫌だったので自宅近くで待ち合わせしました。

そして面談の日程を決めます。

契約しなかったFPの提案


1人目
初めの電話から印象が悪かった(面談するのが面倒な印象)
提案書が1社のみで比較も選択する余地なし

2人目
FPとして作成してくれた生涯カレンダーの内容がショックすぎた
今の保険内容の見直しを依頼したのに、頼んでいない生涯カレンダーを作成(依頼者の意図と違う行動)

契約したFPの提案

必要な保険は残すようにアドバイス
15年以上前に加入した保険の補償内容では現状の医療にかかる保証が不十分と解説
今の年齢から新規加入するなら老後資金にも使える保険がいいとアドバイス
40代、50代で新規加入すると保険料が高いのでドル建て保険を勧める
とりあえず主人の補償を充実させる方がいいとアドバイス

以上、私自身と主人が加入している保険の見直しをしっかりしてくれたので契約することにしました。

保険見直しをしてもらった感想

保険の見直しをするのは40代男性が多いそうです。
若い時に加入した保険の補償内容と40代では生活環境が変わっているので見直しをする人が多いのです。
40代男性といっても独身者と既婚者、既婚者でも子供のありなしで補償内容が変わります。
保険に入っていない人もいるようです。

将来もらえるはずの年金がどうなるか不安な世代でもあるので数社の保険会社から一括見直しをしみたらいかがでしょう。

実際に保険の見直しを依頼してもらい、紹介してもらったFPさんとの相性や意思の疎通ができないなど不満がありましたが最終的には私たち夫婦の今抱えてる不安も解消しさらに現状の最新医療でかかる費用や老後資金のことなどもわかりやすく説明してくれるFPさんとの出会いもありました。

どんなFPさんを紹介してもらうかわかりませんが、保険の見直しはオススメします。

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント