浜崎あゆみ【絶望3部作】作詞秘話!歌詞に込めた松浦勝人への想い

この記事は約11分で読めます。

歌姫として一世を風靡した浜崎あゆみの素顔を伝える本が出版される話題です。

 

M 愛すべき人がいて(小松成美 著)」で話題になったのは1ページ目に書いてある「事実に基づくフィクションである。」との記載。

 

AYUの恋愛体験がリアルに生々しく書かれていて、AYU本人の告白本のような印象ですが浜崎あゆみ本人が書いた本ではありません。

 

ただしAYU本人は出版にあたり「分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました」との言葉を寄せています。

 

さらに小松さんがAYUにインタビュー時に松浦氏も同席し「あの時はこうだったよね」とお互いに確認しながら進めていったそうです。

 

2人にとってかけがえのない恋愛は、すでに割り切って話すことができる過去の恋愛になったということでしょうか。

 

本の中でAYUが作詞した歌詞を松浦氏に渡す時「これはラブレターです」と思いながら渡していた話は、この同席インタビューまで松浦氏も知らなかったそうです。

おいおい、内容が気になるじゃないの~、サクッと内容をかいつまんでみましょう。

 

[PR]

浜崎あゆみ【絶望3部作】作詞秘話!歌詞に込めた松浦勝人への想い

vogue」「Far away」「SEASONS」

AYUファンに「絶望3部作」として有名な3曲ですが、この曲を作った当時に2人が別れ松浦勝人への思いを込めて作詞したと知り、改めて歌詞の内容を読み解くと深いんですよね。

当時カラオケで歌いながら「浜崎あゆみは心に深い闇を抱えている」と感じてました。

深い闇の原因が「AYUは本気の恋だった」ことに納得です。

 

「絶望3部作」の前にどうしても伝えたい!この1曲


1999年7月に発売された「Boys & Girls」です。

この曲はノリが良くて聞いても歌ってもウキウキしてきます。
2人の愛は絶対だという自信を表現しつつ、心の中で彼の愛情を疑う気持ちも隠せない素直な少女の本音。

今、明かされた2人の関係を考えると当時のAYUはマサに夢中で、マサの夢を叶えようと努力していたことが伝わります。
曲の後半には2人の交際が反対されていたことが窺われますが、その声へ反発心も見えます。
AYUはマサとなら夢を実現できると確信していたようです。

この曲はMAX MATSUURA(松浦勝人)プロデュースなので、ウキウキしていたAYUの心情が伝わりますね。

 

幸せの絶頂から闇に落とされてAYUは失踪した

ところが1999年にAYUが松浦氏の寝泊りしているマンションを訪問。

美しい女性たちとスタッフらとの酒席を目撃したAYUはショックを受けて2日半失踪しました。

この失踪した話は知られていましたが、当時のAYUは忙しすぎて疲れてしまい失踪したと言われていたんです。

 

 

真相は松浦勝人に絶望して失踪した衝撃的な事実があったんですね。

 

 

確かTVでドキュメンタリーの密着取材の際中に失踪したんで、当時驚いたのですがさらに真相があったことは衝撃でした。

翌年2000年4月から3ヶ月連続リリースする「絶望3部作」の歌詞に繋がります。

このエピソードを伝えないと「絶望3部作」作詞秘話を伝えることができません。

 

 

「vogue」歌詞に込める松浦勝人への想い

2000年4月26日発売のスローなバラードです。

おー懐かしい!全身ヒョウ柄はインパクトが強かった。
ジャケ写を見るとガンガンくる曲かと思ったらバラードなのに違和感を覚えたのを思い出しました。

歌詞の内容を読み解くと、AYUはマサの裏切り行為を目撃した傷は癒えていません。

それなのにマサを決して憎んでいないし、マサと過ごした日々を輝かしいとさえ思っています。

振り返ると思い浮かぶのは楽しかった時間ばかり、でも必死にマサとの別れを現実として受け止めようとしている気持ちが伝わります。
身を滅ぼすほど愛した人は裏切られても悪人と思うことができない。

少女だったAYUが大人の女性に一歩近づいたのが全身ヒョウ柄のジャケ写だったんですね。

 

「Far away」歌詞に込める松浦勝人への想い

2000年5月発売、3ヶ月連続リリースでしたね。

このジャケ写からもわかるようにAYUは少し前向きに立ち直ってきたようです。
歌詞の内容もマサの存在は完全に過去形に変化しています。

未練たらしくなく過去の出来事を振り返る余裕もできた感じ。
「よかったね」とジャケ写に声をかけたくなる。

「SEASONS」歌詞に込める松浦勝人への想い

おーっと、いいじゃん!ついにAYUが正面を向いたよ。

これは名曲ですよ。

別れてから1年近くになるのに、何事もなかったように毎日顔を合わせている彼への気持ちを表現。

切ない過去を振り返りながら今日、明日と前向きになってきたAYUの気持ちが込められた歌詞です。

 

ジーンとくる歌詞でカラオケで歌いまくったし、周りもみんな歌っていました。

 

 

余談ですが「絶望3部作」は2000年4月、5月、6月と3ヶ月連続リリースしました。

7月には3曲のミュージック・ビデオをミックスした「vogue Far away SEASONS」というタイトルのミュージック・ビデオを発売しています。

やるなエイベックス松浦と言いたい。

「好きだから」歌詞を書くときに思い浮かべていた松浦勝人

 
本「M愛すべき人がいて」で松浦勝人が浜崎あゆみにとって身を滅ぼすほどの恋愛相手だったことが公表されました。
 
なんで今更?感はありますが本を読むと、ドラマティックな出会いやエイベックス社内でも交際を反対され逆に燃え上がった2人が目指したものが目に浮かぶようです。
 
歌手「浜崎あゆみ」を超一流の歌姫にしてやろうじゃないか!
エイベックスを巨大な会社にして、反対した奴ら全員を見返してやりたい!
そんな思いが感じられます。
 
 

ever free

「vogue」のカップリング曲ですが「SEASONS」発表後再リリースしています。

AYU自身はこれを書いて歌ったことで、3曲すべてが救われた」と話してます。

この心境に至るまでのAYUの気持ちが絶望3部作の歌詞を読み取ると分かってきます。AYUがどんな悲しみを抱えて作詞してきたのか想像すると胸がしめ付けられるようです。

 

今になってなぜ交際を告白したのか?不思議でしたが歌詞の意味をマサ(M)とAYUの恋愛や別れと照らし合わせて読み解くと、本を出版した意味が理解できました。

 

 

40歳になれば男女とも甘酸っぱい恋愛の思い出もあるでしょう。

まして隠してきた(実は公然の秘密だったらしいですが)有名人同士の恋愛。

あの頃の駆け引きもない純粋な恋愛をしてきたことを誰かに打ち明けたくなってもいい年齢になったからこその告白だったんでしょうね。

 

「M愛すべき人がいて」で読み解く・惚れた男に尽くす古風な九州女性
無名だった17歳の少女は15歳年上の男性の夢を叶えるために、自分にできることを無我夢中で尽くしてきただけだったんです。「この人」と思いこんだらまわりのことが見えなくなるほど尽くす九州オンナ気質を見せつけられたようです。
「M 愛すべき人がいて」発売から3日経ったので芸能人コメントまとめ
「M 愛すべき人がいて」は日にちが経つにつれSNS等で賛否両論の声が大きくなっています。発売から3日経った8月4日(日)のワイドショーで芸能人のコメントが公表。松本人志、和田アキ子、指原莉乃、坂上忍、加藤浩次、近藤春奈、テリー伊藤、薬丸裕英
松浦勝人のドストライクゾーン?!あゆ激似妻の畑田亜希プロフィール
エイベックス松浦勝人のプロフィール。畑田亜希のプロフィール。浜崎あゆみインスタ。松浦勝人インスタ。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

ドラマ「M 愛すべき人がいて」見逃した人は  こちら

コメント