【保険見直し】このFPと契約したくないと思った本当の理由(前編)

この記事は約4分で読めます。

私と主人が加入していた保険は入院保険(掛け捨て)とがん保険(掛け捨て)だけでした。
しかも契約したのが15年以上前です。

子供ができ将来設計も15年前とは大違いになりました。

毎月の保険料が安い掛け捨て保険を契約していましたが、更新し続けるうちに保険料も高騰しています。
まして主人や私が死亡した時の生命保険なるものがないのは、子育て世代には不安でした。

この15年の間に保険会社は統合・合併して保険会社の名前も変わりました。
加入している保険会社の担当も変わり、今の担当者の名前すら知りません。
そこで違う会社で保険の見直しを検討したもののどこの保険会社の商品がいいのかわからずネットで保険一括見積を依頼することにしました。

前回の記事では
一括見積を依頼した保険会社を選んだ理由
契約しなかったFPの提案
契約したFPの提案
   について書きました。

今回の記事を読んでいただきたいのは
保険に未加入の40代、50代の人
今入っている保険の見直しを検討している人
保険一括見積を検討している人
初対面FPとの面談を不安に感じている人


実際にネットで保険一括見積を依頼し紹介してもらった初対面FP3名の提案や面談での体験を書きます。
リアルな体験が知りたい人の参考になれば幸いです。

[PR]

ネット検索から実際にPFとの面談までの流れ

ネット検索して実際に依頼した保険一括見積は2社でした。
保険会社のHPの「お近くの保険ショップを探す」とか「まずはお気軽に無料相談」をクリックして必須項目を入力します。


その後 登録メールアドレスに「受付しました」メールが届きます。
紹介してもらうFPは自宅近辺で登録しているFPを選んでくれます。
私が住んでいるのは都市部でないため2社で紹介してもらったのは3名のFPでした
恐らく人口が多いところではもっとたくさんのFPを紹介してもらえるかもしれません。
逆に近辺に登録しているFPがいなくて「紹介できるFPがいません」と回答されるケースもあります。

紹介までの日数も翌日~数日かかりました。

担当FPが決まると再度「担当のFP○○さんから直接連絡が入ります」とメールが届きます。
メールが届くと当日~翌日にFPから電話連絡が入り、希望する補償内容等のヒヤリングをされます。
この電話のときに面談する場所や時間を決めます。

保険ショップマンモス

保険のトータルプロフェッショナル

公式サイトはこちら

ファイナンシャルプランナー(FP)との面談(1人目・女性)

実際に紹介してもらったファイナンシャルプランナー(FP)との初めての面談は緊張しました。

1人目(女性)
初回電話の時から正直、印象が悪かったです。
ネット申し込み時は私自身の保険見直しを依頼していました。

電話で「主人の分もお願いしたい」というと「本人からの依頼じゃないとできません」と断られたからです。
「ご主人の保険の話なら面談する必要もありませんね」とまで言われました。

初めて紹介されたFPでしたし、この時点で他のFPは紹介されていなかったため「私自身の保険の見直し」をお願いするように面談の約束をしました。

面談時も追加で質問されることはなく、いきなり持参された提案書の説明を始めました
そして「私の経験からいくつも提案書を出すと悩まれるので1社だけ持ってきました」と言われます。

「えっ、これだけで判断できない」と驚き、ショックを受けました。


一応私の希望通りに作成してくれた提案書でしたが、自分でいくつも保険会社に依頼するのが大変だからネットで一括見積を頼んだのに1社じゃ判断できません。
せめて2社で比較するくらいはして欲しかった。

さらに「返事は明後日くらいにもらえますか?」って畳みかけるように言われました。
「検討する」と返事しましたが店を出るときには「断る」という文字しか浮かんでこない。
初めての面談だったのでとてもガッカリして帰宅し、2日後に「返事は?」との電話には当然「断り」です。
「なぜですか?理由を教えてください」と聞かれましたが何となくうやむやな返事をしました。

初回の電話で「面談する必要もありませんね」と言われたこと
面談で「私の経験から」と持参したのは1社だけだったこと

「FPさん、あなたと契約したくない」と思った本当の理由は言えませんでした。

続きは【保険見直し】このFPと契約したくないと思った本当の理由(後編)へ

コメント