アラフィフ主婦は年に1回ワンコイン500円で健康診断をするのだ

スポンサーリンク
話題のニュース
この記事は約2分で読めます。

50代女性のみなさーん、健康診断していますか?

私は30歳になってから毎年1回の健康診断を受けています。

独身時代は1回3万円くらい払って1日人間ドッグを受診していましたが、結婚し専業主婦になってからはサラリーマンの妻が受診することができる特定検診に変化しますが、毎年欠かさず健康診断受診しています。

 

特定検診と人間ドッグの違い

特定検診と人間ドッグの違いは検査項目の違いです。

人間ドッグの方特定検診よりもより詳細な検査を受けることができます。

 

特定検診の検査項目

  • 問診(問診表の記入)
  • 医師によう診察等(視診、触診、聴打診)
  • 身体計測(身長、体重、腹囲)
  • 血圧測定
  • 尿検査
  • 血液検査(中性脂肪、善玉・悪玉コレストロールの数値、肝機能、空腹時血糖など)

 

人間ドッグほど詳細ではありませんが、私はこれ以外に居住市が行っている肺がん、胃がん、大腸がん、子宮がん、乳がん検診も組み合わせていることで人間ドッグに近い範囲の検査を受診しています。

 

市の補助金があるため料金も格安で受診できます。(居住市町村によって違うと思います)

  1. 肺がん 500円
  2. 胃がん(胃カメラ)1,500円 ※バリウムなら1,000円
  3. 大腸がん 500円
  4. 子宮がん(子宮頸がんと子宮体がん) 1,500円 ※子宮がんだけなら1,000円
  5. 乳がん(マンモグラフィー+蝕視診)2,000円 ※エコーなら1,500円

 

 

 

特定検診の料金はワンコイン500円

特定検診の対象者は40歳~74歳の被扶養家族(協会健保の場合)であること。

健康診断料金の一部を健保協会が負担してくれるため格安で受診可能。

受診時期は毎年4月から翌年3月までですが、年度初めの自己負担額は500円ではありません。

年度途中から「1回500円で受診できますよ」と通知が来てから負担額がワンコイン500円に変わります。

数年前から年度途中の金額変更になったと記憶していますが、この制度ができてからは年度初めの受診は止めました(^_-)-☆

アラフィフ主婦が特定検診を受診した感想

アラフィフになると老後とか介護とかのキーワードが気になる年齢ですよね。

市町村負担のがん検診と組み合わせて安い料金で健康診断に行きましょう。

 

 

 

 

コメント